アカウント登録不要な無料ロゴ作成サイト

ロゴ31

「会社や商品をパッと印象づけるためにセンスのいいロゴが欲しい、しかもお金をかけずに」という方が利用しているロゴ作成サイト、いわゆるロゴジェネレーターには無料で利用でき、なおかつ商用利用OK、なによりもメールアドレスなどを使用したアカウント登録も一切不要ですぐに利用できるサービスがいくつかあります。

ここではその中から厳選したサイトの特徴を確認していきます。

利用すべきサイトはドコ?

まずはCOOLTEXTというサイト。日本語利用にも対応していますから、「まずは試しに」という方にうってつけです。トップページから好みのテンプレートを選択して、その後に文字やカラーなどの調整を加えていくだけでプロのデザイナーが作ったかと思うほどの見事なロゴが手に入ります。

作ったロゴを紙媒体でも使用できるように作ったロゴを画像としてダウンロードするときでさえ無料です。(通常の無料サイトでは、作るのは無料でいいけど使うのは有料ですよといったところもあります)ハイクオリティでローコストを実現してくれる力強い味方です。

ただしCOOLTEXTですからテンプレートには文字=テキストしかありません。シンボルなどのデザインを付け加えることができないのが残念です。次はDESIGNEVOです。COOLTEXTと同じように無料で利用可能で、豊富な英字フォントがその特長です。

クラシカルなものからポップなものまで、かなりデザイン性の高いロゴを作成することができます。ただし作ったロゴを利用するためにダウンロードするには、DESIGNEVOをSNS上でフォローしなければなりません、「そんなの全然OKだ」という方なら気にせず使用できます。

次に紹介するのはONLINE LOGO MAKERです。ビジネスカテゴリを選択したら、文字を追加しフォントやカラーを調整、シンボルマークを選んで完成です。利用は無料ですが、最後のダウンロードのときに画像形式を選択しますが、サイズ変更の際に歪みや崩れの少ないベクターを選ぶと有料になります。

PNG形式なら無料です。最後はSTORES.JP LOGO MAKERです。このサイトの特徴はロゴ作成が黒一色でカラーロゴを作成することができないということと、他サイトと比較してデザインの選択肢が少なめということです。

シンプルなロゴを手早く作りたいという方に向いているサイトです。

ロゴ作成後に確認すべきこと

ロゴの使い道はアイデア次第でいくらでも広がっていきます。まずはホームページなどのWEB上での利用です。ホームページに利用するなら定番はバックホームボタンとして全ページ固定で使用する方法です。統一したブランドイメージを作っていくために、それ以外にもファビコンとして利用するとかTwitterやFacebookなどのSNSのプロフィール画像として使用していくのも有効です。

スマートフォンサイトを持っているなら、ウェルカムページに全面的にロゴを配置するなど、WEB上での利用方法はアイデア次第で広がっていきます。もちろんWEB以外にもロゴを使用する場面はあります。封筒や名刺などの紙媒体がその代表です。

むしろ直接顧客や取引先に渡すものですから、WEB利用より目に触れやすいかもしれません。社章や看板などに利用することもあるでしょう。しかしながらロゴを使用する際には確認しておかなければならないことがあります。

まずは「商用利用に関する規約」です。ロゴ作成無料サイトなので作成は無料ですが、使用まで無料かはサイトによって対応が異なります。また使用も無料だとしても使用の目的によって規約が厳しいこともあります。それが「商用利用」です。

サイトに規約が書いてありますから利用の前に必ずそれを確認します。勘違いしてはいけないのは、作成したロゴを無料で利用可能かどうかと、そのロゴを無料で商用利用できるかどうかをきちんと分けて確認することです。

望ましいのは「アカウント登録なし」で「日本語対応」「無料で作成」「無料で利用」「商用利用可」の全てが揃っているサイトです。

結局どこのサイトになるの?

以上の観点から判断するとCOOLTEXTがおススメです。やはり作成したロゴ画像を条件なしにダウンロードすることができなければ、ロゴジェネレーターを利用する最大のメリットを失うことになります。アカウント登録不要で気軽に使い始めることができるロゴジェネレーターはたしかに便利なものですが、利用する上で日本語非対応だと何かと不便ですし、作成上もテンプレートの選択肢が思ったより少ないのではイメージに近いロゴを作成することができません。

またせっかく気に入ったイメージのロゴを作ることができたとしても、画像データをダウンロードする際にその形式に制限があったり、そもそもダウンロードは有料だったりすると使い勝手が良くないと感じるものです。シンボル(イラストやイメージ)を挿入することができない、画像ダウンロードの際にはSNSフォローしなければならないという2点に目をつぶることができるかどうかですが、これほど高クオリティなロゴが手に入るなら私は気にしません。

無料サイト以外に選択肢は?

いくら登録不要で利用無料だとしても、やはり無料は無料なりに理由があります。原則的に無料サイトは「お試しロゴ作成」という立ち位置で、気に入ったら有料版へ移行してくださいというスタンスです。ですから無料版では機能やサービスの恩恵を完全に受けることができません。

機能やデザインに制限があったり、作ったロゴをダウンロードしてもクレジットがついていて無料バレバレだったりと完全な満足を求めることは難しいものです。「それならいっそ自分で作ってしまう」という選択肢もあり得ます。

必要な準備は画像作成ソフトIllustratorと写真加工ソフトのPhotoshop(できれば両方、少なくとも片方)です。使い方に習熟するためには多少の練習と勉強が必要ですが、これなら自由度は高く自分の理想のロゴ作りを追求することができます。

ただしソフトを購入する費用とそのソフトに習熟する時間が必要で、ロゴ無料サイトを利用する手軽さと比べると魅力に欠けます。

バスケチームがロゴを作成するメリットと方法とは

やはり無料サイトが最強か

ロゴ37

ソフトなどを利用して自分で作る、プロのデザイナーに頼む、無料サイトを利用するという三者での比較なら、無料サイトが最もお得に手軽に高品質のロゴが手に入る選択肢です。とはいっても全てにおいて完全な無料サイトはありませんから、どの部分なら我慢できるか(シンボルがない、ベクター形式だと有料になる、デザインの選択肢が少ないなど)を吟味して使用するサイトを選んでください。